GTC

一般購入条件

§ 第1条 適用範囲、形式
(1) 本一般購入条件(GTCP)は、当社のビジネスパートナーおよびサプライヤー(以下「売り手」といいます)とのすべての取引関係に適用されます。GPCは、売主が起業家(ドイツ民法典(BGB)第14条)、公法上の法人、または公法上の特別基金である場合にのみ適用されるものとします。
(2) GPCは、特に動産(「商品」)の販売および/または引渡しの契約に適用され、売主が商品を自ら製造するか、供給業者から購入するかにかかわらず適用されます(BGB第433条、第651条)。別段の合意がない限り、GTCPは、買主の注文時に有効なバージョン、またはいかなる場合にもテキスト形式で最後に買主に通知されたバージョンで、当社が個々のケースで再度参照することなく、将来の同様の契約の枠組み合意としても適用されるものとします。
(3) 本GTCPは、排他的に適用されるものとします。売主の一般約款の逸脱、抵触または補足は、当社が書面によりその有効性に明示的に同意した場合に限り、またその範囲内においてのみ、契約の一部となるものとします。この同意要件は、例えば、当社が売主の一般約款を知った上で、売主の納品を留保なく承諾する場合など、いかなる場合にも適用されるものとする。
(4) 個々のケースにおいて売主との間で締結された個別契約(担保契約、補足および修正を含む)は、いかなる場合においても、本GPCに優先するものとします。反対の証明がある場合を除き、書面による契約または当社の書面による確認が、かかる合意の内容について権威を有するものとします。
(5) 契約に関連する売り手による法的な宣言および通知(期限の設定、催促、取り消しなど)は、書面またはテキスト形式(手紙、電子メール、ファックスなど)で行わなければならない。特に、申告者の正当性に疑義が生じた場合の法定形式要件および追加的な証拠は、影響を受けません。
(6) 法令規定の有効性に関する言及は、明確化を目的としたものである。そのような明確化がない場合であっても、本GPCにおいて直接修正されるか、または明示的に除外されない限り、法定規定が適用されるものとする。


§ 第 2 条 契約の締結
(1) 当社の注文は、書面による提出または確認がなされた時点で拘束力を持つものとする。売主は、注文書を含む注文の明らかな誤り(例:入力ミス、計算ミス)および不備について、受理前に修正または完了する目的で当社に通知するものとします。
(2) 売り手は、7日/週の期間内に書面で当社の注文を確認する、または特に、商品を発送することにより留保することなく注文を履行する(受諾)義務があります。
受諾の遅延は新たな申し出とみなされ、当社による受諾が必要となります。

 

§3 納期と納品の遅れ
(1) 当社が注文書で指定した納期は、拘束力を有する。納期が注文書に明記されておらず、別途合意されていない場合は、契約締結から2週間とします。売主は、理由の如何を問わず、合意された納期に間に合いそうにない場合、直ちに書面にて弊社に通知する義務を負う。
(2) 売り手が、合意された納品期間内に履行しない場合、または不履行に陥った場合、当社の権利、特にキャンセルおよび損害賠償は、法令の規定に従って決定されるものとします。第3項の規定は影響を受けません。
(3) 売り手が債務不履行に陥った場合、当社は、さらなる法定請求に加えて、債務不履行によって生じた当社の損害について、完了した暦週あたり正味価格の1%、ただし遅延して納品された商品の正味価格の合計5%を超えない金額の一括賠償を請求することができます。当社は、それ以上の損害が発生したことを証明する権利を留保します。売り手は、損害がまったく発生していないこと、または著しく少ない損害しか発生していないことを証明する権利を留保します。

 

§ 第 4 条 履行、引渡し、危険の移転、受諾の不履行
(1) 当社の書面による事前の同意がない場合、売主は、第三者(下請け業者など)に、売主が負うべき履行を行わせる権限を有しないものとする。売り手は、個別のケースで別段の合意がない限り、そのサービスの調達リスクを負担するものとする(例:在庫への制限)。
(2) ドイツ国内における配送は、注文時に指定された場所への「無料配達」とします。納品先が指定されておらず、他に取り決めがない場合、納品はフリードリヒスハーフェンにある当社の登録事務所に行われるものとします。それぞれの送付先は、納品およびその後の履行(納品義務)の履行地でもあります。
(3) 納品書には、日付(発行・発送)、納品内容(商品番号・数量)、弊社注文識別情報(日付・番号)を記載し、納品物に同封してください。納品書が不足していた場合、または不完全であった場合、その結果生じる処理および支払いの遅延について、当社は責任を負わないものとします。納品書とは別に、同内容の発送通知書をお送りください。
(4) 商品の偶発的な紛失および偶発的な劣化のリスクは、履行場所での引き渡し時に当社に移転するものとします。検収が合意された場合、これが危険の移転の決定的な条件となる。その他のすべての点については、受諾の場合、業務および役務の契約に関する法律の規定が適宜適用されるものとします。当社が検収を怠った場合、これは引渡しまたは検収と同等とみなされるものとします。
(5) 当社の受諾不履行が発生した場合、法令規定が適用されるものとします。ただし、売主は、当社側の行為または協力 (材料の提供など) について、特定または確定可能な暦日が合意されている場合、当社に対して明示的に履行を申し出る必要があります。当社が受諾を怠った場合、売主は、法定規定(BGB第304条)に従い、追加費用の補償を要求することができます。契約が売主によって製造される非可食品目に関連する場合(特注生産)、売主は、当社が協力を約束し、協力の不履行に責任がある場合にのみ、さらなる権利を有するものとします。

 

§ 第5条 価格および支払条件
(1) 注文書に記載された価格は拘束力を持つ。すべての価格には、別途表示されていない場合、法定付加価値税が含まれています。
(2) 個別のケースで別段の合意がない限り、価格には、売主のすべてのサービスおよび付帯サービス(組み立て、設置など)、ならびにすべての付帯費用(適切な梱包、輸送および賠償責任保険を含む輸送費用など)が含まれるものとする。
(3) 合意された価格は、完全な引渡しと履行(合意された検収を含 む)、および適切な請求書の受領から30暦日以内に支払われるも のとする。当社が14暦日以内に支払いを行った場合、売主は、請求書の正味金額に対して3%の割引を当社に付与するものとします。銀行振込の場合、支払期限の満了前に当社の銀行が振込依頼書を受領した場合、支払は期限内に行われたものとみなされるものとします。
(4)当社は延滞利息を負わない。支払不履行については、法令の規定が適用されます。
(5) 当社は、法律で認められている範囲において、契約の不履行の抗弁と同様に、相殺および留置の権利を有するものとします。特に、サービスの不完全性または欠陥に起因する売主に対する請求権を当社が有する限り、当社は、支払を留保する権利を有するものとします。
(6) 売り手は、法的に確立された、または争いのない反訴に基づいてのみ、相殺または留置の権利を有するものとします。

 

§ 第 6 条 機密保持および所有権の保持
(1) 当社は、イラスト、図面、計算書、実行指示書、製品説明書およびその他の文書の所有権および著作権を留保します。これらの文書は、契約履行のためにのみ使用され、契約完了後に当社に返却されるものとします。文書は、契約終了後であっても、第三者から秘匿されなければならない。守秘義務は、提供された文書に含まれる知識が一般に知られるようになった場合に限り、またその限りにおいてのみ失効するものとします。
(2) 上記の規定は、物質および材料(ソフトウェア、完成品および半完成品など)、ならびに当社が製造のために売り手に提供する工具、テンプレート、サンプルおよびその他の品目にも適宜適用されるものとする。これらの品目は、加工しない限り、売り手の費用負担で別途保管し、破壊および紛失に対して適切な範囲で保険をかけるものとする。
(3) 売り手が提供する品目の加工、混合、組み合わせ(さらなる加工)は、当社に代わって行われるものとする。納品された商品を当社がさらに加工する場合も同様とし、その場合、当社は製造者とみなされ、遅くとも法定規定に従ってさらに加工された時点で製品の所有権を取得するものとします。
(4) 商品の所有権の当社への移転は、代金の支払いに関係なく、無条件で行われるものとします。ただし、個々のケースにおいて、当社が、購入代金の支払いを条件とする所有権の移転に関する売主の申し出を受諾する場合、売主の所有権の留保は、遅くとも、引き渡された商品の購入代金の支払い時に失効するものとします。当社は、購入代金の支払い前であっても、結果として生じる債権を事前に譲渡することにより、通常の業務において商品を転売する権限を有します(あるいは、転売に拡張された単純な所有権留保の有効性)。これは、他のすべての形態の所有権留保、特に拡張所有権留保、転送所有権留保、およびさらなる処理に拡張された所有権留保を除きます。

 

§ 第 7 条 引渡しの欠陥
(1) 以下に別段の定めがある場合を除き、商品の重大な瑕疵および所有権の瑕疵(不正確な納品、短納期、不適切な組み立て、欠陥のある組み立て、操作または操作説明書を含む)、および売主によるその他の義務違反が発生した場合の当社の権利には、法令規定が適用されるものとします。
(2) 法令の規定に従い、売主は、特に、当社への危険負担の移転時に、商品が合意された品質を有していることを保証する責任を負うものとします。いかなる場合においても、特に当社の注文における指定または参照により、各契約の対象となった、または本GTCPと同様に契約に含まれた商品説明は、品質に関する合意とみなされるものとします。商品説明が当社、販売者、製造者のいずれから発信されたものであっても違いはありません。
(3) BGB第442条第1項第2文にかかわらず、重大な過失により契約締結時に瑕疵が当社に不明であった場合、当社は無制限に瑕疵に対する請求権を有するものとします。
(4) 法令規定(HGB第377条、第381条)は、以下の但し書きを付して、瑕疵の検査および通知に関する商業上の義務に適用されるものとします:当社の検査義務は、納品書を含む外部検査における当社の受入検品中に明らかになった瑕疵(輸送上の損傷、誤納品、短納期など)、または当社の品質管理における無作為抽出手順で認識可能な瑕疵に限定されるものとします。検収が合意されている場合、検査の義務はありません。それ以外の場合は、個々のケースの状況を考慮し、通常の業務において検査がどの程度可能であるかによります。後に発見された瑕疵を通知する当社の義務に影響はありません。当社の検査義務にかかわらず、当社の苦情(瑕疵の通知)は、いかなる場合においても、発見後、または明らかな瑕疵の場合は引渡後、8営業日以内に送付された場合、即時かつ適時になされたものとみなされます。
(5) 後続的な履行には、瑕疵のある商品の撤去、および商品がその意図された目的に従って別の品目に設置されている場合の再設置も含まれるものとします。検査およびその後の履行のために売主が負担した費用(撤去および設置費用を含む)は、実際には瑕疵がなかったことが判明した場合でも、売主が負担するものとします。瑕疵の是正を不当に要求された場合の当社の損害賠償責任は、影響を受けないものとします。ただし、この点に関して当社が責任を負うのは、瑕疵がないことを認識していた場合、または認識していなかったことに重大な過失があった場合に限られるものとします。
(6) 売り手が、当社の裁量で、当社が設定した合理的な期間内に、瑕疵を改善する (事後改善) か、瑕疵のない物品を引き渡す (交換納品) かのいずれかの方法で、事後履行を提供する義務を履行しない場合、当社は、自ら瑕疵を改善し、必要な費用の払い戻しまたは対応する前払いを売り手に要求することができます。売り手によるその後の履行が失敗した場合、または当社にとって不合理な場合 (例えば、特別な緊急性、業務上の安全性の危険性、または不釣り合いな損害の差し迫った発生による場合)、期限を設定する必要はありません。
(7) その他、重大な瑕疵または所有権の瑕疵があった場合、当社は、法令の規定に従って、購入価格を減額する権利、または契約から離脱する権利を有するものとします。さらに、当社は、法令の規定に従って、損害賠償および費用の補償を受ける権利を有するものとします。

 

§ 第 8 条 サプライヤーの求償
(1) サプライチェーンにおける当社の法定求償権(BGB第478条、第479条に基づく供給者の求償権)は、瑕疵に対する請求に加えて、制限なく当社に発生するものとします。特に、当社は、個々のケースにおいて当社が顧客に対して負うべき、その後の履行(修正または交換納入)の種類を正確に売り手に要求する権利を有します。当社の法的選択権(BGB第439条第1項)は、これによって制限されません。
(2) 顧客が主張する瑕疵担保請求(BGB第478条(2)、第439条(2)に基づく費用の弁済を含む)を承認または履行する前に、当社は売主に通知し、事案の事実を簡潔に説明した書面の提出を求めるものとします。合理的な期間内に陳述書が作成されず、友好的な解決に至らない場合、当社が実際に認めた瑕疵に対する請求は、当社の顧客に債務があるとみなされるものとします。この場合、売主は、これに反する証拠を提出する責任を負うものとします。
(3) サプライヤーの再調達から生じる当社の請求は、商品が消費者に販売される前に、当社または当社の顧客のいずれかによって、別の製品への組み込みなど、さらに加工された場合にも適用されるものとします。

 

§9 プロデューサーの責任
(1) 売り手が製品の損害について責任を負う場合、売り手は、その原因が売り手の管理および組織範囲内にあり、売り手自身が第三者との関係で責任を負う限りにおいて、第三者からの請求に対して当社を補償するものとする。
(2) 売り手は、補償義務の一環として、当社が実施する製品回収を含め、第三者から主張された請求に起因または関連するBGB第683条、第670条に基づく費用を弁済するものとします。当社は、可能かつ合理的な範囲で、リコール措置の内容と範囲を売り手に通知し、売り手に意見を述べる機会を与えるものとします。その他の法的請求は影響を受けません。
(3) 売り手は、人身傷害/物的損害につき最低100万ユーロの一括補償を伴う製造物賠償責任保険に加入し、これを維持するものとする。

 

§ 第10条 消滅時効
(1) 契約当事者の相互請求は、以下に別段の定めがある場合を除き、法令の規定に従って時効となる。
(2) BGB 第438条第1項第3号にかかわらず、瑕疵担保責任の一般的な制限期間は、危険の移転から3年間とします。検収が合意されている場合、制限期間は検収時に開始するものとする。所有権の瑕疵から生じる請求についても、3年の制限期間が適宜適用されるものとし、第三者による返還請求の法定制限期間(BGB第438条第1項第1号)は影響を受けないものとします。
(3) 上記の延長を含む販売法の制限期間は、法律で認められている範囲において、瑕疵に関するすべての契約上の請求に適用されるものとします。瑕疵に起因する契約外の損害賠償請求権についても、当社が権利を有する限りにおいて、販売法の制限期間の適用により個々の事案においてより長い制限期間が導かれる場合を除き、通常の法定制限期間(BGB第195条、第199条)が適用されるものとします。

 

§ 第11条 法律および管轄地の選択
(1) 本GTCPおよび当社と販売者との間の契約関係は、国際統一法、特に国際物品売買契約に関する国連条約の適用を排除するため、ドイツ連邦共和国法に準拠するものとします。
(2) 売り手がドイツ商法上の商人、公法上の法人、または公法上の特別基金である場合、契約関係から生じるすべての紛争に関する専属的(国際的でもある)管轄地は、当社の登録事務所とします。買い手がBGB第14条に規定される起業家である場合も同様とします。ただし、すべての場合において、当社は、本GTCPまたは無効となる個別合意に従い、引渡義務の履行地、または売主の一般的な管轄地において訴訟を提起する権利も有するものとします。特に専属的合意管轄権に関する法令上の規定は、影響を受けないものとします。

 

一般販売条件

§ 第1条 適用範囲、形式
(1) 本販売約款(GTCS)は、当社とお客様(以下「購入者」といいます)とのすべての取引関係に適用されます。GTCSは、注文者が起業家(ドイツ民法典(BGB)第14条)、公法上の法人、または公法上の特別基金である場合にのみ適用されます。
(2) GTCSは、特に動産(「商品」)の販売および/または引渡しの契約に適用され、当社が商品を自社で製造するか、サプライヤーから購入するかを問いません(BGB第433条、第651条)。別段の合意がない限り、本規約は、買手の注文時に有効なバージョン、またはいかなる場合にもテキスト形式で最後に買手に通知されたバージョンで、当社が個々のケースで再度参照することなく、将来の同様の契約の枠組み合意としても適用されるものとします。
(3) 当社のGTCSが排他的に適用されるものとします。注文者の一般約款の逸脱、矛盾、補足は、当社がその有効性に明示的に同意した場合にのみ、またその範囲内においてのみ、契約の一部となります。この同意要件は、いかなる場合にも適用されるものとし、例えば、当社が買主の一般取引約款を熟知していることを留保することなく、買主に引渡しを行った場合にも適用されるものとします。
(4) 個々のケースにおいて買い手との間で交わされた個別の合意(付随的合意、補足、修正を含む)は、いかなる場合においても本GTCSに優先するものとします。反対の証明がない限り、書面による契約または当社の書面による確認が、かかる合意の内容に関して権威を有するものとします。
(5) 契約に関連する注文者による法的な宣言および通知(期限の設定、瑕疵の通知、キャンセルまたは減額など)は、書面またはテキスト形式(手紙、電子メール、ファックスなど)で行わなければなりません。特に、申告者の正当性に疑義が生じた場合の法定形式要件および追加的な証拠は、影響を受けないものとする。
(6) 法令規定の有効性に関する言及は、明確化を目的としたものである。そのような明確化がない場合でも、本GTCSにおいて直接修正または明示的に除外されない限り、法令規定が適用されるものとします。

 

§ 第 2 条 契約の締結
(1) 当社の提示は変更される場合があり、拘束力を有しません。これは、当社がカタログ、技術文書(図面、図面、計算書、計算書、DIN規格の参照など)、その他の製品説明または文書(電子形式も含む)を購入者に提供した場合にも適用されるものとし、これらの所有権および著作権は当社に帰属します。
(2) 注文者による商品の注文は、拘束力のある契約上の申し出とみなされるものとします。注文書に別段の記載がない限り、弊社は、この契約上の申し出を、弊社が受領してから...日/週以内に受諾する権利を有するものとします。
(3) 受諾は、書面(注文確認書など)または注文者への商品の引渡しのいずれかをもって宣言することができる。

 

§ 第 3 条 納品期間および納品の遅延
(1) 納品期間は、個別に合意するか、または注文の受諾時に当社が指定する。
(2) 当社の責に帰すべからざる事由(サービスの利用不能)により、拘束力のある納期を遵守できない場合、当社は直ちにその旨を注文者に通知し、同時に注文者に新たな納期を通知するものとします。新たな納品期限内にもサービスが利用できない場合、当社は契約の一部または全部を撤回する権利を有し、購入者が既に支払った対価は直ちに払い戻されるものとします。この意味でのサービスが利用できない場合とは、特に、当社が一致したヘッジ取引を締結している場合、当社および当社の供給業者のいずれにも過失がない場合、または個々のケースにおいて当社が調達する義務を負わない場合、当社の供給業者が期限内に当社に納品できなかった場合とみなされるものとします。
(3) 当社の納品遅延の発生は、法令の規定に従って判断されるものとします。ただし、いかなる場合においても、注文者からの督促が必要です。当社が納品遅延を起こした場合、注文者は遅延によって生じた損害の一括賠償を請求することができます。一括補償額は、遅延が完了した暦週ごとに、正味価格(納品額)の0.5%とし、最大で、遅延して納品された商品の納品額の合計5%とします。当社は、買い手が全く損害を被っていないこと、または上記一時金よりも著しく低い損害しか被っていないことを証明する権利を留保します。
(4) 本GTCS第8条に基づく注文者の権利および当社の法的権利は、特に履行義務の除外(履行および/またはその後の履行の不可能性または不合理性による場合など)の場合、影響を受けないまま存続するものとします。

 

§ 第 4 条 引渡し、危険の移転、受諾、受諾の不履行
(1) 引渡しは倉庫からとし、倉庫は引渡しとその後の履行を行う場所でもあります。買い手の要請および費用負担により、商品は別の目的地(仕向地販売)へ発送されるものとします。別段の合意がない限り、当社は、発送の種類(特に、運送会社、発送ルート、梱包)を自ら決定する権利を有します。
(2) 商品の偶発的な紛失および偶発的な劣化の危険は、遅くとも引渡しの時点で買主に移転するものとします。ただし、発送による販売の場合、商品の偶発的な紛失および偶発的な劣化の危険ならびに遅延の危険は、転送業者、運送業者、または発送を実施するために指定された個人もしくは機関に商品が引き渡された時点で、すでに移転するものとします。検収が合意された場合、これが危険の移転の決定的な根拠となるものとします。その他の点については、業務および役務の契約に関する法律の規定が、合意された検収にも適用されるものとします。注文者が検収を怠った場合、これは引渡しまたは検収と同等とみなされるものとします。
(3) 買い手が受諾義務を怠った場合、協力しなかった場合、または買い手に責任があるその他の理由で当社の納品が遅れた場合、当社は追加費用(保管費用など)を含め、結果として生じた損害の賠償を請求する権利を有するものとします。この場合、当社は、納品期限から、または納品期限がない場合は商品の発送準備が完了した旨の通知から、1暦日あたり...ユーロの一括補償を請求します。
それ以上の損害の証明および当社の法定請求(特に追加費用の払い戻し、妥当な補償、キャンセル)は影響を受けないものとします。買主は、当社が被った損害がまったくないこと、または上記一時金よりも著しく低い損害のみであることを証明する権利を有するものとします。

 

§ 第5条 価格および支払条件
(1) 個別の取り決めがない限り、契約締結時の当社の現行価格が適用され、倉庫渡し、法定付加価値税が加算されます。
(2) 発送による販売(第 4 条第 1 項)の場合、倉庫からの輸送費および買主が要求する輸送保険の費用は、買主が負担するものとします。個々のケースで実際に発生した輸送費用を請求しない場合は、...ユーロの輸送費用(輸送保険を除く)を一括して請求することで合意したものとみなします。関税、手数料、税金、その他の公共料金は、注文者の負担とします。
(3) 購入代金は、請求書の発行および商品の引渡しまたは検収から14日以内に支払うものとします。ただし、継続的な取引関係の枠内であっても、当社はいつでも、前払いに対してのみ、納品の全部または一部を行う権限を有します。当社は、遅くとも注文確認書とともに、対応する予約を宣言するものとします。
(4) 上記支払期間の満了をもって、買主は債務不履行となります。債務不履行期間中は、適用される法定債務不履行利率により、購入価格に対して利息が課されるものとします。当社は、債務不履行によって生じた損害の賠償を請求する権利を留保します。当社が加盟店に対して有する商取引上の満期利息(HGB第353条)の請求権は、影響を受けないものとします。
(5) 注文者は、自己の請求が法的に立証されている、または争いのない範囲においてのみ、相殺権または留置権を有するものとします。納品物に瑕疵があった場合、特に本GTCS第7条第6項第2文に基づき、注文者の反対権は影響を受けないものとします。
(6) 契約締結後に(破産手続き開始の申請などにより)、買い手の支払い不能により当社の売買代金請求権が危うくなることが明らかになった場合、当社は、法令の規定に従って履行を拒否し、必要であれば期限を定めて契約から離脱する権利を有するものとします(BGB第321条)。腐敗しない商品(特注品)の製造契約の場合、当社は直ちに撤回を宣言することができます。

 

§ 第6条 所有権の保持
(1) 当社は、売買契約および継続的な取引関係から生じる当社の現在および将来の債権(被担保債権)の全額が支払われるまで、販売された商品の所有権を留保します。
(2) 所有権留保の対象となる商品は、被保全債権の全額が支払われる前に、第三者に抵当権を設定したり、担保として譲渡したりすることはできません。買主は、破産手続きの開始が申請された場合、または第三者が当社に帰属する商品を差し押さえた場合(差し押さえなど)、直ちに書面で当社に通知しなければなりません。
(3) 買い手による契約違反、特に購入代金の不払いがあった場合、当社は、法規定に従って契約から離脱する権利、および/または所有権留保に基づいて商品の返却を要求する権利を有するものとします。商品の返品要求には、同時に解約の宣言は含まれません。当社はむしろ、商品の返品のみを要求し、契約を解約する権利を留保する権利を有します。買い手が購入代金を支払わない場合、当社がこれらの権利を主張できるのは、当社が以前に買い手に合理的な支払期限を設定したが成功しなかった場合、またはそのような期限を設定することが法規定に従って不要である場合に限られます。
(4) 下記(c)に従って取り消されるまで、注文者は、通常の業務において、所有権留保を条件として商品を再販売および/または加工する権限を有するものとします。この場合、以下の規定が追加的に適用されるものとします。
(a) 所有権の留保は、当社の商品の加工、混合または組み合わせから生じる製品の全価値に及ぶものとし、これにより当社は製造者とみなされるものとします。第三者の商品と加工、混合または結合された場合、第三者の所有権が残存する場合、当社は、加工、混合または結合された商品の請求金額に比例して、共同所有権を取得するものとする。その他の点については、所有権留保のもとで引き渡された商品と同様に、結果として生じる商品にも適用されるものとします。
(b) 注文者は、前項に従い、商品または製品の転売から生じる第三者に対する請求権を、その全額または当社の共有持分の可能な金額において、担保として当社に譲渡するものとします。当社はこの譲渡を受諾します。第2項に記載された買主の義務は、譲渡された請求権の対価としても適用されるものとします。
(c) 買い手は、当社に加え、債権を回収する権限を有し続けるものとします。買い手が当社に対する支払義務を履行し、支払い能力に不足がなく、当社が第3項に基づく権利を行使して所有権の留保を主張しない限り、当社は債権を回収しないことを約束します。ただし、この場合、当社は、買い手が譲渡された債権およびその債務者を当社に通知し、回収に必要なすべての情報を提供し、関連書類を引き渡し、債務者(第三者)に譲渡を通知するよう要求することができます。この場合、当社は、所有権留保を条件として、買い手の転売・加工許可を取り消す権利も有します。
(d) 有価証券の実現可能価額が当社の債権額を10%以上上回る場合、当社は買い手の要求に応じて、当社が選択した有価証券を放出するものとする。

 

§ 第7条 買い手の瑕疵に対する請求
(1) 以下に別段の定めがない限り、重要な瑕疵および所有権の瑕疵(誤納品および短納品、不適切な組み立てまたは組み立て指示の瑕疵を含む)があった場合の注文者の権利には、法令規定が適用されるものとします。すべての場合において、消費者への商品の最終納品に関する特別な法令規定(BGB§478、479に基づく供給者の償還請求)は、影響を受けないまま存続するものとします。
(2) 当社の瑕疵担保責任の根拠は、何よりも商品の品質に関する合意です。個別契約の対象である、または当社が公表している(特にカタログまたはインターネットホームページ上の)すべての商品説明は、商品の品質に関する合意とみなされるものとします。
(3) 品質が合意されていない限り、瑕疵が存在するか否かは、法令規定に従って評価されるものとします(BGB第434条第1項第2号および第3号)。ただし、製造者またはその他の第三者によってなされた公的声明(広告声明など)については、当社は一切の責任を負いません。
(4) 瑕疵に対する注文者の請求は、注文者が法令に定められた検査義務および瑕疵通知義務(HGB第377条、第381条)を果たしていることを前提とします。納品時、検査時、またはそれ以降の時点で瑕疵が明らかになった場合、遅滞なく書面で通知しなければなりません。いかなる場合においても、明らかな瑕疵は納品から......営業日以内に報告しなければなりません。また、検査中に認識できない瑕疵は、発見から同期間内に報告しなければなりません。注文者が適切な検査および/または瑕疵の報告を怠った場合、報告されなかった瑕疵、期限内に報告されなかった瑕疵、または適切に報告されなかった瑕疵に対する当社の責任は、法令規定に従って除外されるものとします。
(5) 納品された商品に欠陥がある場合、当社は、最初に、欠陥を改善すること(事後改善)または欠陥のない商品を納品すること(交換納品)のいずれかにより、事後履行を提供するかどうかを選択することができます。法定条件に基づき、その後の履行を拒否する当社の権利は影響を受けません。
(6) 当社は、その後の履行を、購入者が支払うべき購入代金に依存させる権利を有します。ただし、買主は、瑕疵に応じた合理的な購入代金の一部を留保する権利を有するものとします。
(7) 注文者は、その後の履行に必要な時間と機会、特に検査目的で不合格品を引き渡すための時間と機会を当社に与えるものとします。交換納品の場合、注文者は、法令規定に従って、瑕疵のある商品を当社に返送するものとします。事後履行には、瑕疵ある商品の撤去や、当社が本来設置義務を負っていなかった場合の再設置は含まれません。
(8) 瑕疵が実際に存在する場合、当社は、検査およびその後の履行に必要な費用、特に輸送費、旅費、人件費、材料費(撤去および設置費用は除く)を負担するものとします。そうでない場合、当社は、注文者が瑕疵の存在を認識できなかった場合を除き、瑕疵の是正を不当に要求した結果発生した費用(特に検査費用および輸送費用)の賠償を、注文者に請求することができます。
(9) 緊急な場合、例えば運転上の安全が脅かされる場合、または不釣り合いな損害を防ぐ場合、注文者は自ら瑕疵を修補し、そのために客観的に必要な費用の補償を当社に要求する権利を有するものとします。そのような自己救済については、可能であれば事前に、直ちに当社に通知しなければなりません。自己救済の権利は、法規定に従って、当社が対応する後続の履行を拒否する権利を有する場合には、存在しないものとします。
(10) 後続的な履行が失敗した場合、または後続的な履行のために買い手が設定すべき合理的な期限が、成功せずに経過した場合、または法令規定に従って履行不能となった場合、買い手は、売買契約から離脱するか、または売買代金を減額することができます。ただし、軽微な瑕疵の場合は、取消権はありません。
(11) 瑕疵がある場合であっても、損害賠償または無駄な費用の償還を求める注文者の請求は、第8条に従ってのみ存在するものとし、それ以外の場合は除外されるものとします。

 

§ 第8条 その他の責任
(1) 以下の規定を含め、本GTCSに別段の定めがない限り、当社は、契約上および契約外の義務に違反した場合、法令の規定に従って責任を負うものとします。
(2) 当社は、故意および重過失の場合、法的根拠にかかわらず、過失責任の範囲内で損害賠償責任を負うものとします。単純な過失の場合、当社は、法令の規定(例えば、当社自身の業務における注意)に従い、より穏やかな責任基準に従ってのみ責任を負うものとします。
a) 生命、身体または健康に対する傷害に起因する損害賠償、
b) 重要な契約上の義務(その履行が契約の適切な履行に不可欠であり、契約上のパートナーがその遵守を常時信頼し、信頼しうる義務)の軽微ではない違反から生じる損害。ただし、この場合、当社の責任は、予見可能で通常発生する損害に対する補償に限定されます。
(3) 第2項による責任の制限は、法規定に従って当社が責任を負う者による、または当社が責任を負う者のための義務違反にも適用されるものとします。これらは、当社が瑕疵を不正に隠蔽した場合、または商品の品質保証を引き受けた場合、および製造物責任法に基づく注文者の請求には適用されないものとします。
(4) 注文者は、瑕疵によらない義務違反により、当社に責任がある場合に限り、契約を撤回または解除することができます。注文者の自由な解約権(特にBGB第651条、第649条による)は除外されます。それ以外の場合は、法的要件および法的結果が適用されるものとします。

 

§9 消滅時効
(1) BGB 第438条第1項第3号にかかわらず、物的瑕疵および所有権の瑕疵に起因する請求の一般的制限期間は、引渡しから1年間とします。検収が合意されている場合、制限期間は検収時に開始するものとします。
(2) ただし、商品が建築物または通常の用途に従って建築物のために使用され、その瑕疵の原因となった物品(建築材料)である場合、制限期間は、法定規定(BGB§438 第1項第2号)に従い、引渡しから5年間とする。制限期間に関するその他の法令上の特別規定(特に§438 パラ.1 No.1、パラ.3、§444、479 BGB)は影響を受けないままである。
(3) 通常の法定制限期間(BGB第195条、第199条)を適用した場合、個々のケースにおいて制限期間が短縮される場合を除き、販売に関する法律の上記の制限期間は、商品の瑕疵に基づく注文者の契約上の損害賠償請求および契約外の損害賠償請求にも適用されるものとします。ただし、第8条第2項第1文および第2文(a)、ならびに製造物責任法に基づく注文者の損害賠償請求は、専ら法定制限期間に従って時効となります。

 

§ 第10条 法律および管轄地の選択
(1) 本GTCSおよび当社と購入者との契約関係は、国際統一法、特に国際物品売買契約に関する国連条約の適用を排除し、ドイツ連邦共和国法に準拠するものとします。
(2) 注文者がドイツ商法上の商人、公法上の法人、または公法上の特別基金である場合、契約関係から直接的または間接的に生じるすべての紛争に関する専属的(国際的でもある)管轄権は、フリードリヒスハーフェンにある当社の登録事務所とします。ただし、いかなる場合においても、当社は、本GTCSまたは無効となる個別合意に基づく納品義務の履行地、または注文者の一般的な管轄地において訴訟を提起する権利も有するものとします。特に専属的合意管轄権に関する法令上の規定は、影響を受けないものとします。

検索